PLANTEC ARCHITECTS

PLANTEC ARCHITECTS

PROJECT

宿泊施設Hotel

FIRST CABIN 京都嵐山

CONCEPT

「FIRST CABIN 京都嵐山」は、京福電気鉄道(嵐電)嵐山駅に直結する「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」の耐震改修プロジェクト。2階、3階の未利用エリアにファーストキャビン全100室を設置。屋上は天龍寺など嵐山の美しい眺望を楽しめるラウンジとして改修し、ホテルの魅力を高める計画とした。

既存の吹き抜け空間に床を設けて耐震性を高めることで、建物全体の耐震補強箇所が減り経済的な効果をもたらすと共に、床面積を最大化することでホテルの収益につなげている。女性客をターゲットにした施設であるため、インテリアは白と木調を基調とし、アクセントに既存建物の外観に使われている朱色を加えて、嵐山の艶やかさを表現し、安心してくつろげる空間を演出した。

DATA

所在地 :京都府京都市

階数  :地上3階

構造  :鉄筋コンクリート造

設計期間:2016.09-2017.05

施工期間:2017.06-2018.03

敷地面積:4,212.84㎡

建築面積:960.01㎡

延床面積:2,367.13㎡