PLANTEC ARCHITECTS

PLANTEC ARCHITECTS

PROJECT

宿泊施設Hotel

FIRST CABIN 西麻布

CONCEPT

西麻布交差点に位置する「ファーストキャビン西麻布」は築45年のオフィスビルの用途変更を伴う改修プロジェクト。既存ビルは賃貸オフィスとして運用されていたが、時代とともに空室が増加し、賃料が低下していた。インバウンドで高騰するホテル需要を満たす有効活用策としてファーストキャビンに転用する計画となった。客室は全206室、個室タイプのプレミアムクラスも設置され、フロントラウンジにはピアノバーが併設されるなど、“ゴージャス”をコンセプトとした上質な空間となっている。新たな西麻布のランドマークとして、交差点に面した間口の広い敷地形状を活かし、低層部にひとつなぎの光ラインを用いて、分節された既存ボリュームを一体化し、視認性の高い新たなファサードを創出した。

DATA

所在地 :東京都港区

階数  :地上9階・地下2階

構造  :鉄骨鉄筋コンクリート造

設計期間:2016.7-2017.3

施工期間:2017.4-2018.1

敷地面積:547.18㎡

建築面積:459.01㎡

延床面積:4,527.05㎡