PLANTEC ARCHITECTS

PLANTEC ARCHITECTS

紀尾井町パークビル耐震補強リニューアル

リニューアルはバリューアップのチャンス!

クライアントの命題

テナントの業務を妨げずに工事を行いたい
現在の魅力の一つであるデザイン性は損なわないでほしい

背景

本建物は昭和51年竣工(旧耐震基準)の10階建てSRC・RC造のオフィスビル。築後38年が経過した既存構造体は、耐震診断の結果、設計耐力に対して実況として耐力が低下している状態であった。数年前から耐震改修工事を検討していたが、上記命題に応えられる解決法が見つかっていなかった。

SOLUTIONプランテックの解答

耐震補強工事をきっかけにして、ビルの資産価値も高める

デメリットの最小化」と「バリューの最大化」の両立を実現する

DETAILSどうやって実現するか?

内部補強を「0(ゼロ)」とした
外付け耐震架構(アウトフレームグリッド工法)を採用

RESULT実現した成果

補強工事をきっかけとして「新たな資産価値」をもった
ブランド力のあるビルに!