NEWS

2024.01.31

「近代建築」2024年1月号掲載のお知らせ(髙島屋京都店増築改修計画)

当社が設計・監理に携わった「髙島屋京都店増築改修計画」が、「近代建築」2024年1月号に掲載されました。

京都店は髙島屋創業の地であり、その歴史は190年以上に渡り、現在の河原町交差点に移転してからは70年以上になります。

今後の100年間も愛される髙島屋をテーマとし、増築工事に伴い、既存館との接続に関する解体工事、既存遡及工事、構造補強工事など、営業を続けながら、下記計画のもと改修工事が行われ、その内容がまとめられています。

 

【増築改修計画の3つのポイント】
 *売場面積・回遊性の最大確保・最大効率化
 *街に対する発信性の再構築
 *地下のポテンシャルの最大活用

【建築概要】

設計期間:2019年1月〜2020年9月
工事期間:2021年1月〜2023年9月
敷地面積:20,703.09㎡(既存館含む)
建築面積:17,761.70㎡(既存館含む)
延床面積:134,415.63㎡(既存館含む)
構造規模:SRC造一部S造・地下2階・地上11階(既存館含む)
設計監理:プランテック
施工  :熊谷組・ケーアンドイー・吉成建設特定建設工事共同企業体

 

近代建築社ホームページ「月刊近代建築2024年1月号」ご案内

一覧へ戻る