PLANTEC ARCHITECTS

PLANTEC ARCHITECTS

PROJECT

宿泊施設Hotel

FIRST CABIN STATION あべの荘

CONCEPT

ファーストキャビンの新ブランド『FIRST CABIN STATION』の第一号店となる「ファーストキャビンステーションあべの荘」は、JR西日本の保養所をリノベーションして不動産価値を高めたプロジェクト。既存建物を活かした改修計画を行ない建設コストを最小限におさえた。"都市の中のゲストハウス"をコンセプトに掲げ、"旅"と"交流"をテーマに、宿泊室には列車を模したキャビンを配置し、寝台列車のような室内空間を演出した。ラウンジは、既存の庭や開口を活かして、明るく開放的で上質な雰囲気を感じられるエントランス空間とした。

DATA

所在地 :大阪府大阪市
階数  :地上3階
構造  :鉄筋コンクリート造・鉄骨造
設計期間:2017.01-2017.03
施工期間:2017.05-2017.10
敷地面積:2,734.55㎡
建築面積:761.49㎡
延床面積:1,753.96㎡