PLANTEC ARCHITECTS

PLANTEC ARCHITECTS

PROJECT

宿泊施設Hotel

FIRST CABIN ST. 京都梅小路 RYOKAN

CONCEPT

青果市場の休憩所や宴会場として利用されていた2棟の建物を改修、宿泊施設へリニューアルしたプロジェクト。JR嵯峨野線 梅小路京都西駅」の開業に合わせ、地域のニーズに沿った施設となるよう目指した。既存建物に2階建ての宿泊棟を増築、宿泊室数を十分に確保して、最小限の投資で最大限の効果を見込んだ。京町家のデザインを継承する「別館」、ジャパニーズモダンでスタイリッシュな「東寮」、ラグジュアリーで快適なキャビンを備える「新館」の3棟を渡り廊下でつなぎ、中庭や坪庭を配して和の雰囲気と内外のつながりを持たせた。ファサードは街並みとの調和に配慮して、新旧の対比を印象づけた。インテリアは既存の内装材を再利用して、京町家の特徴の一つである天井小屋組を再現することで印象的で開放的なエントランス空間を実現した。

DATA

所在地:京都府京都市下京区

階数:地上2階


構造:「別館」木造 「東寮」鉄骨造 「新館」木造

設計期間:2017.10-2018.05

施工期間:2018.06-2019.03

敷地面積:1,146.07m²

建築面積:686.76m²

延床面積:1,238.09m²